Phact の理念

 

 

 

痛みや不調の改善のみを対象にするのではなく、そこに至った経緯を大切にし、その本質を楽しく探求いただけるよう努力致します

 

 

最良ではなく、一人一人に最適なサービス提供を目指して真摯に向き合うことで、自身も成長を続けていけるよう努力致します

 

 

身体と向き合うことを通して、より豊かな人生を送るための気づきやきっかけの場となれるよう努力致します

 

 

 

 


プロフィール

Phact ふぁくと 代表

理学療法士

     

 

因 英利(いん ひでとし)

 

 

1982年 12月14日 生

札幌市手稲区出身

(珍しい名字ですが日本人です笑)


どんなに高い技術があっても、

お客さん1人1人に合わせた説明や施術の流れが、来店頂いた動機と一致しなければ、満足頂けません。

 

病院を飛び出した医療従事者として、更に知識 / 技術向上を図りつつも、それがお客さんに喜ばれるものになるように”伝え方”も合わせてスキルアップを目指しています。



『 せっかく国家資格を持って病院で働いていたのに、なんで辞めちゃったの? 』

良く聞かれるので先に答えます。

 

 

簡単に言うと、

『 現状の保険制度では満足出来ない・サービスを受けられない方とたくさん出会ったから。 』です。

 

 

◯ 治療が必要な状態か検査し、必要なら治療するのが医療保険

◯ 生活が1人で送れない方、近いうちに難しくなりそうな方の予防に関わるのが介護保険

 

 

 

『 レントゲン上問題ないけど、ヘルニアになりそう 』とか

『 いまは不調はないけど、将来を見据えて・・ 』とか

『 仕事が出来る後遺症の方の、生涯に渡ったケア・リハビリ 』

は保険サービスの対象外

 

 

でも、

医療従事者の専門知識を必要としている方がたくさんいる。 

だから医療従事者が保険外に出る必要があると感じ、そこにやりがいを感じたのです。

 

 

 

 

 

 

 

もし『話の続き』に興味がある変わった方が居れば、病院退職当初に書いたブログをご覧下さい。

>> コチラ