22日 7月 2019
週末は、 念願だった物置革命を起こしました。 我が家にある2つの外物置。 それぞれの機能分担は、割とあいまいに、生活動線に合わせて、アウトドア用品やカー用品、季節用品などを収納してました。 滅多に使わないものも多く、 管理責任の所在も明らかじゃないからこそ、不用品が乱雑になりがちな所でした。 整理整頓し、...

16日 7月 2019
レッスン前に自分の動きを観察。 ここの動きが不足していて、ここが過剰でって思ってたのに! レッスンの終わりに、楽に動けるようになっていくと、 「問題点そのものが、そもそも そこじゃなかったんかい!」って感じることになります。 そうしたことを感じるための機会を得ながら動く。そう設計されている凄さです。 評価を見誤るから、...

11日 7月 2019
ベッドにつけたメリー。 最近、ちょっとずつ焦点が合うようになってきて、よく見てる。 回ってるのが楽しいんかなぁって。

10日 7月 2019
何かを継続しよって決めたのに挫折するとか、途中でやめるとか。 そんな時、 「 継続力がないからなぁ。」とか、「 頑張ったら○○なのに・・。」とか、 そんな風に自責の方向に、努力が足りないって方向に考えがちでした。 自分にも他人にも、そんな傾向がまだまだ抜けない。 でも、好きな事、楽しい事って頼まれてないのに続けちゃう。...
08日 7月 2019
次男が生まれ、 ちょっとだけ赤ちゃんがえりして、自分に注意をひこうと試みる長男坊。 そんな彼でも、赤ちゃんに愛情を振りまく時がある。

06日 7月 2019
楽しむ。 興味の方向に進む。 ヒトが学び、成長するための要素として、とっても大切な要素。 興味へのオリエンテーションとしてヒトは姿勢や動作を獲得していくし、子どもを見ていても興味のあることへの学習ったら本当早いもん。 評価し、問題点を抽出し、是正する...
25日 5月 2019
目的を手段から切り離せば行動は改善できる 頭では分かってきたような、 まだまだ腑に落ちてはいない、自分の言葉にはないような言葉です。 例えば通勤路。

10日 5月 2019
いつもとの違いに、ストレスを感じていた生活。 なんか変わってきました。 郷に入らば郷に従え 決して相手のせいにはせず、 『その変化を受け入れられない自分』、『そんな状況にストレスを抱える自分』を深く知るだけ。 自分にも、子どもにも、 限界を設定せずに、その違いをただ楽しむ。 ただ、そう頭では分かっていても、...

06日 5月 2019
平成の終盤に新しい家族を迎えいれる事から始まったこの10日間。 家族、特に長男との関わりに没頭した10日間。 社会の最小単位である家族。 この中で見えてくる自分の傾向は、社会生活のソレと同じと言えるはず。 そして、子どもは自分の鏡。 次男の誕生に際して、 長男の多くの感情と共に過ごします。 我慢、葛藤、成長。...

25日 4月 2019
悩んだ時、辛い時、つまづいた時、どこか痛む時。 何かしら壁に当たったとき、解決したいと思う事は、ある意味ヒトとして当然。 簡単に解決してしまう場合もあれば、何度も同じエラーを繰り返す場合もあるし、長く抜けられないトンネルを彷徨う場合もある。 特にトンネル通過真っ最中の時は、すぐに解決したい!という気持ちが強くなるものだ。...

さらに表示する